声とことばとふるさと

イベントや活動の告知・報告、感じていることなどを。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
「あどけない話」に思うこと、つれづれ :: 2012/03/12(Mon)

卒業制作でも、昨年末におこなったイベントでも、高村光太郎著「智恵子抄」より「あどけない話」という詩をモチーフにそれぞれ脚本を書き下ろしました。
(各イベントの詳細はこちらをご覧下さい 卒制レポート/年末イベントHPレポート

震災以降「あどけない話」をモチーフにした作品をたくさん見かけるようになり、わたしもそのなかの一人なのですが、どうしてか「智恵子の見たほんとの空はもはや無い!(もしくは、無いけどあると信じて進むしか!)」というお話がすっごく多くて、ちょっとしょぼんとしました。

「ほんとの空」=「きれいな澄んだ空」って安直に考えてしまうとそりゃ「放射線の漂う今、福島にはほんとの空は無いんだ!」ってことになっちゃうんですよね。
でもそれは、智恵子の言葉をなにかの批判に利用しているようで、個人的にあんまり素敵なことではないと思うのだな。
かつては良かったでも今は違う…っていう捉え方を否定したいんじゃなくて、もっと別の読み方もできるんじゃないかな、というはなし。

「切っても切れない、むかしなじみのきれいな空だ。」という部分は、光太郎の故郷(東京都)のことだ、というのは詩の本文を読めばわかる。
夫婦二人で東京の空を眺めていて、智恵子が「ほんとの空が見たい」って言うんだけど、光太郎は「地平線がけむる薄桃色の朝のしめりが分かる、東京のこの空もきれいだけどな…」と思ってる。だけど智恵子は遠くを見ながら、「安達太良山の上の青い空がほんとの空だ」と繰り返す。そんな話、あどけない話。

わたしはここから、田舎賛美も東京批判も感じないし、「じゃあ今はほんとの空はないんだね」ともまったく思わなかった。ただただ「ほんとの空は、それぞれのふるさとの空のこと」というイノセントな事実が浮かんで見えたんです。
光化学スモッグが飛ぼうが、排気ガスが飛ぼうが、放射線が飛ぼうが、ふるさとはふるさとでしょ。あなたのふるさとは東京で、わたしのふるさとは福島で、だからあなたは地平のぼかしが見える空が好きで、わたしは山の上に見える空が好き。
そんなふうに読んで、だから、この詩を震災後あらためて読み返したとき、心底救われた気がしたのです。

空気の汚染度と、智恵子の見つめた空のことを結びつける前に、「あどけない話」と題されたこの詩をもういちどリラックスして読み返してみてほしいな、と思ったりしています。

スポンサーサイト
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
先端卒修展2012、無事終了しました :: 2012/01/21(Sat)

1月3日から搬入が始まり、7日~15日に開催した卒修展が
16、17の搬出をもって とうとう終わりました。

応援してくださった皆様、ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!
B4・M2のみなさん、本当にお疲れさまでした!
ご迷惑ばかりおかけしました…ありがとうございました;;




2日の帰省戻りで車がパンクし、
6日の搬入でMacBookProを落として表面ガラスを割り、
同じ日に左足首を内側に曲げて捻挫、のあげくプライマリーショック…
という散々なスタートを切ったのですが、
同級生や助手さんがフォローしてくれて、母も駆けつけてくれ、
なんとか会期を始めることができました!笑
みなさまのおかげです…うう。


・'.: *:。.: *:・+:.'゚・'.: *:。.: *:・+:.'゚.: *:・・'.: *:。.: *:・+:.'゚


titinotitino-_convert_20120121191204.jpg kaeru_convert_20120121191130.jpg
oouchijuku_convert_20120121191148.jpg スクリーンショット(2012-01_convert_20120121191219



会期中は毎日14:46から、約17分の公演をおこなってきました。
「あどけない話、たくさんの智恵子たちへ」というタイトルをつけました。

こたつに入りながらの独り語り、オール福島弁の語りで、
ときどきスクリーンに福島の風景(山や空、人、動物、花など)が流れたり、
福島でサンプリングした、他愛ない会話をたくさん集めた音声が聞こえたりします。

故郷が福島で、東京で幸せに暮らしながらも故郷を思い続けた 高村智恵子。
彼女の言葉を追っていくことで、
「ほんとの空」は「ふるさとの空」、ふるさとの空にしか見えないものがある
あなたがふるさとを思うかぎり、なにがあったってどこにいたって
ほんとの空は消えたりなくなったりしない。さすけねえよ。
というメッセージを伝えたかったのでした。

「ふるさとを離れるか、残るか」という選択を迫られた1年間で、
「ふるさと好き!」っていうと「じゃあ福島と心中するのか」と言われたり
「離れた人のことを『非県民』と思ってるのか」と言われたりしましたが、
安全面を考えて行動することと、その場所への好き嫌いは 関係ないでしょうが!

だれでも、どこででも、ふるさとのことを愛していいですよ。
そんなこと、今までと何にも変わんねえべな。

でした。



毎日たくさんの方に観に来ていただくことができ、
嬉しい言葉をたくさんかけていただいて、
「これからも続けていって」とたくさん言っていただいて、
感無量です。


・'.: *:。.: *:・+:.'゚・'.: *:。.: *:・+:.'゚.: *:・・'.: *:。.: *:・+:.'゚


両親も祖父母も福島育ちで、
「故郷」と感じるような年頃になる前から わたしは
自分の住む場所に強く愛着を感じていました。

中学時代から始めた語りで感覚的に学んだ、
「遠くに飛ばす言葉」「すとんと置く言葉」の話し方
高校時代に身につけた、
脚本の書き方、構成、映像の使い方、朗読、自分の声のコントロールの仕方

それを大学入学後 もっと自由に扱うために、四苦八苦して、組み合わせて
今まで知らなかった分野に触れて
いろんな考え方でいろんなジャンルをいろんな手法で扱う同級生たちから学んで

映像や音声を交えながらの「語り」というスタイルで卒業制作としたけれど
わたしならではの、いま出来る一番納得できる作品にすることができました。

制作、という言葉を用いたのはここ6年、
アート、という言葉を意識したのは大学に入ってからですが、
今回の卒業制作は 大学4年間の集大成というより
生まれてこのかたの集大成といっても、胸をはれます。

今までにお世話になった、関わりをもったすべての方へ、
ほんとうにありがとうございました。

・'.: *:。.: *:・+:.'゚・'.: *:。.: *:・+:.'゚.: *:・・'.: *:。.: *:・+:.'゚
  1. イベントレポ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
【卒業修了制作展】藝大先端2012のおしらせ :: 2011/12/30(Fri)

A9E9-170.jpeg


休みなく次の展覧会があります。
大学の卒業修了制作展です。

***
「藝大先端2012」公式ウェブサイト
http://www.geidai.ac.jp/event/sentan2012/

会期 2012年1月7日(土)~ 1月15日(日)
会場 BankART Studio NYK
   〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9
入場 無料
主催 東京藝術大学 先端芸術表現科
   卒業・修了制作展2012実行委員会
協力 BankART 1929
***

わたしの大学では、
学士を卒業する際は 卒業論文の執筆に留まらず、
ひとつ作品をしあげることによって卒業が認められます。
(もちろん論文を仕上げる人もいまむ。)

さらに、約60名の卒業生・修了生の作品を
自分たちで企画し運営しデザインし設置し広報し記録する展覧会をおこなって、
それが済むと晴れてわたしたちは卒業の単位をもらう事ができます。ひー

うちの学科「先端芸術表現科」は、とっても説明しづらいのですが
「学科全員が絵を描いている」とかではなくて
ひとつの手法に固定されず さまざまな表現のジャンルを用いて
「伝えること」を追究していく科でありまして、
みんながみんな、やりたいことも/その表現方法も てんでバラバラなのです。

今回の卒業修了制作展も
絵画・写真・立体・映像・小説・音・演劇・身体表現などなどなどなど
ほんとに多種多様な表現をいちどに観ることのできる、
珍しい展覧会となっています。

わたしは今回、「ふるさと」をテーマにして脚本を書き映像をつくって、
当日は映像を流しながらリアルタイムで語りをおこないます。
1月7日~15日の会期中、毎日14:46から公演します。
ああああしかし30日現在まだ完成してません。しにそう

毎年3000人を動員する大きな展覧会となっておりますので、
わたしも最後までシビアに努力して
きっと何かをズンと伝えられるような作品に仕上げたいと思います。
横浜においでの際はぜひ、お立ち寄りください!

また、わたしは広報班web担当として
公式ブログでの作家紹介や進捗紹介、公式Twitterでのつぶやきをおこなっています。
会期が楽しみになるような記事を目指して書いておりますので
そちらもぜひご覧下さい。

ブログ→http://sentan2012.jugem.jp/
Twitter→http://twitter.com/#!/sentan2012


今年は喪中のため、新年のご挨拶は控えさせていただきますが
みなさま良いお年をお迎えくださいね!
  1. イベント告知
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
「ほんとの空のした」ぶじ終了しました :: 2011/12/29(Thu)

omote_convert_20111227221147.jpg

朗読と音楽の年の瀬イベント「ほんとの空のした」おわりました。
ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様、
ほんとうにありがとうございました!


IMGP5318_convert_20111229172648.jpeg

13時から集合して配線や椅子の準備。
予定どおり15時から本編を開始しました。

IMGP5274_convert_20111229172432.jpeg

まんなかにおたまじゃくし。
左右に智恵子と光太郎、そして子どもたちを見守るお母さん。

IMGP5270_convert_20111229173612.jpeg

ピアノ演奏は岡野貴子さんにお願いしました。
寒いなかほんとうにありがとうございました。

IMGP5271_convert_20111229172409.jpeg

シャボン玉は おたまじゃくしの呼吸(=いのち)をあらわしていました。
きれいに飛んでよかった!

IMGP5209_convert_20111229173537.jpeg

当日はとっても寒かったのですが、それでもやっぱり今回は外でやりたかったのです。
「ほんとの空のした」というタイトルのとおり、
ふるさとの ずっと変わらない空のしたで言葉を紡ぐことを、大切にしたかった。
とても気持ちのよい空間を共有できたと思います。
ありがとうございました。

動画もちかぢか公開いたします、ご覧下さいね。
また来年(こんどはもう少しだけ早い時期に!)やりたいな!

  1. イベントレポ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
☆いよいよ明日☆ 朗読と音楽の 年の瀬イベント「ほんとの空のした」 :: 2011/12/27(Tue)

何度もしつこく告知してきたイベント><!
とうとう明日です、子どもたちもお母さんも頑張ってきました!

omote_convert_20111227221147.jpg


ピアノ生演奏もついてます.: *:・

ホッカイロも配ります.: *:・.: *:・

DSC_0122.jpg

けしごむはんこ作って

DSC_0121.jpg

ぺたぺたして

DSC_0123.jpg

貼って

DSC_0125.jpg

わーい


S-PAL行った帰りにホッカイロもらいに来てください.: *:・.: *:・.: *:・

◇◇◇

朗読と音楽の年の瀬イベント
「 ほ ん と の 空 の し た 」
       http://adokenai.web.fc2.com

とき:12月28日(水)

   15:00~ 本編第一回公演
   15:40~ 朗読劇「やまなし」
   16:00~ 本編第二回公演



ところ:JR郡山駅 西口駅前広場
    (滝の前のちょっとしたステージ)


なにそれ:高村智恵子の見た空は、
     今でも変わらない「ほんとの空」として
     私達を見下ろしていると思うんです。
     ふるさとの空が、ほんとの空。

     高村光太郎『智恵子抄』をベースに、
     菊地裕貴が群読の脚本・演出を手がけました。
     出演は安積高校放送部のみなさん、
     絵本読み聞かせグループ「ママのポケット」のみなさん。
     ピアノ演奏は市内で活躍する結成50周年の合唱団
     「はもる・かい」から、岡野貴子さん。

     総勢12名の朗読と音楽で、
     福島の冬をちょっとだけルンルンさせます。
     ぜひ、観に来てくださいね。

     詳細→http://adokenai.web.fc2.com

◇◇◇


DSC_0119.jpg
DSC_0120.jpg


15時から2時間、どのタイミングで見ても楽しめる舞台となっております。
みなさんおなじみ、滝の前のちょっとしたステージで開催するので、
もちろん観覧無料です。

おせちの買い出しやS-PALでのお買い物の帰りに
ぜひぜひ覗いていってくださいませ!

もうなんかこれ全力でやりすぎてて張りつめてて可哀想に思われたのか
家族が総出で手伝ってくれてます。
ありがとうきっとわたしビッグになるから!
  1. イベント告知
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。